天徳院の情報


天徳院山門

(天徳院四季物語)

金沢市小立野4丁目4−4 TEL 076-231-4484


曹洞宗に属し金龍山と号する1623年(元和9)三代藩主利常夫人珠姫の香華寺として創建される本尊は釈迦如来。寺号は法号天徳院殿乾運淳貞大禅定尼にちなむ。夫人は徳川秀忠の二女 珠姫で芳春院(前田利長母)お松方を幕府の質とする代わりとして前田利常に三歳の時に嫁し、加賀藩に尽くし1622年(元和8)二十四歳の若さで死去した。山門は藩の御大工山上吉永らが携わったもので、昭和45年(1970)に 金沢市文化財に指定される     

浪漫を秘める珠姫天徳院物語

《からくり人形絵巻上演》

からくり人形6体が演じます。

音、センサーで動きます

変身からくり秘技披露

上演時間案内

       午前9時〜午後4時30分  3月〜11月
      午前9時〜午後4時    12月〜2月

からくり人形DVD上映時間

午前9時30分・11時・午後1時・3時(約15分間)

(ただし12月〜2月は4時の上演はありません)

休観日があります!

12月〜2月の毎週水曜日 12月29日〜1月3日

拝観料 500円